商品検索
image
現在地 HOME > よく聞かれるご質問
よく聞かれるご質問
Q.使用しているハーブや精油は安全なものですか?
ハーブは全てオーガニック製品もしくは国内残留農薬検査を受けた安全なハーブで、数社から同一商品を取り寄せ、新鮮で質が良いものをセレクトしています。また、過去の臨床結果から使用する部位が決まっていますので、入荷したハーブの部位確認も行い、安全に摂取できるよう努めています
アロマエッセンス(精油)はメディカルアロマで使用される厚生労働大臣指定の成分分析が行われたPRANAROM(プラナロム社)の100%ピュアエッセンシャルオイルを使用しています。基材として使用しているオイルは日本メディカルアロマ協会のハイブリッドオイル、白樺ジェルで、多数の臨床例のもと安全に使用できるレシピですので、安心してご利用していただけます。

Q.市場価格より値段が安いのはなぜですか?
主業ではありませんので品揃えやお届けまでの日数など、ご要望にお応えできるレベルではないため、基本的に原材料費程度で皆様にお分けできるようにしています。
ハーブやアロマを気軽に生活の中に取り込んでいただければと思っています。

Q.ハーブは無害ですか?
一部のハーブには有害成分が含まれていますが、リキッドに使用するものは有害ハーブを使用しないようにしています。ハーブそのものは無害であっても、医薬品との相互作用によって医薬品の作用を強くしたり、弱めたりすることがあります。また、疾患によって使用を制限するハーブもありますので、誰にでも無害とはいえません。

Q.効果はどのぐらいで出るもの?
個体差にもよりますが、アトピーなどの体質改善を目指す場合は摂取2~3日で表面的な痒みが軽減され、3週間程度で改善が期待できます(アレルゲンとの接触を排除した場合)。リラックスなど神経に働きかけるリキッドは30分~2時間程度で反応が見られます。リキッドの場合は体内に取り込みやすいので即効性がありますが、パウダーは緩やかに作用していきます。

Q.愛犬に何を選んでいいのか分からない場合は?
ご注文フォームに、ご相談内容を記入していただける項目もありますので、そちらにご記入いただくか、直接メールでお問い合わせください。
基本的な選び方としては
【リラックスのためのハーブ】
◆お留守番中は物音などがしても吠えたりしない → リラックス
◆留守番中でも物音がすると激しく吠える → リラックスプラス
◆他のワンコを見るとUターンする → エンジョイ
◆てんかんなどを引き起こす → コントロール

【免疫アップのためのハーブ】
◆症状はとくになく健康のため → デトックス
◆痒みなどの皮膚トラブルがある → スキンケア
◆真菌などの感染症が心配 → レスキュー
◆高齢犬の健康維持に → シニア(カート未掲載)

Q.ハーブパウダーとリキッドの違いは?
同じハーブを使用している場合、基本的な効用は同じですが、消費期限、効果が現れるまでの時間などが異なっています。また、粉砕できない固い根や細すぎる葉などはパウダーとして使用できないため、代用ハーブを使用することになります。
■リキッドとパウダーの比較
比較


Q.ハーブとアロマジェル、どっちがいい?
ハーブは食事に混ぜたり、直接舐めさせることができるので、さまざまな症状に対応できますが、アロマジェルは耳やお腹、肉球など、皮膚が出ている部分および背中などのポイント傷といった一部分への対応になります。
痒みを伴う症状の場合には、ハーブで体質改善を図ると同時にアロマジェルで痒みを抑える対処療法を行うのが効果的です。

Q.ハーブリキッドの一日の摂取量はどのくらい?
体重5kgのワンちゃんであれば、スポイト3~6滴です。続けて与えるときは1回の摂取量の半分程度を様子を見ながら与えてください。一日の最大摂取量の範囲内であれば、何回でも与えることが可能です
■リキッドの適正量
摂取量の目安

Q.毎日摂取しても大丈夫?
一部のリキッドを除き、毎日与えることは可能ですが、ワンちゃん自身の恒常性の維持を保つために5日続けて与えたら2日休むのがいいでしょう。また、ワンちゃんの状態を見ながら量を加減したり、休んだり調整してください。
※使用期間を制限したハーブは使用方法に特記があります。

Q.ハーブで病気が治る?
ハーブやアロマはお薬ではなく、「健康の維持・増進(病気の予防)」「病気の早期発見・応急処置」「再発の予防・合併症予防・リハビリ」を目的としています。疾病の可能性がある場合は、すぐに獣医師の診断を受けてください。
image
Copyright © 蘭丸ブランド★wizdog.club. all rights reserved. Powered by FC2レンタルカート